「ありのままの自分でいいんだよ」がプラスの連鎖を生んでいく

心を扱う心理学やスピリチュアルでは
よく「ありのままの自分でいいんだよ」という言葉を聞きます。

ビリージョエルの歌にも
「just the way you are」
映画「ブリジットジョーンズの日記」のセリフでは
「just as you are」
というように
「ありのままのあなたでいい」というのは
心に響く普遍的な言葉です。

「ありのままでいい」と言われて、
心が癒される人は多いと思います。

なぜなら、人はいろんな苦難に悩み、
他人の意見や力に影響されて
自分の力を発揮できなくなって
可能性や自分自身を否定しがちで、
自分を大切にできなくなるから
「ありのままでいい」と言われることで
救われる気持ちになるのです。

ありのままでいることは、
心が安定していて、やすらかで、癒されていて、
他人からの影響を受けない強い心を持っていることが必要です。

他人に寛容で、他人を許すことができる人は
自己愛が強い人だといいます。

つまり、
自分を一番に大事にして
それから他人になにかしてあげる余裕がでるのです。

これを自分を後回しにして、
他人のことばかり気にすると
心がつらくなってくるのです。

「ありのままでいればいい」というアドバイスを
何も努力をしなくていいというような意味だととらえて
批判する人がいるというような記事が目に入りました。

他人を批判する人は、
自分自身の弱さや
自分が傷つくことを恐れて、
攻撃的になっている人です。
コンプレックスを持っていたり、
ウソをついていたり、
悪いことをしたことを隠していたり、
他人を下げて自分を上げようとしたり
実は批判する人こそ、弱みをもった癒されていない弱い存在なのです。

そんな人が攻撃することで力や影響力を誇示しようとすることを
真にうけて、受け身になってしまって傷つくのって、
冷静になれば、「そんなの変」と思えるのだけど
その場に居たら、どうしても影響をうけてしまうもの。

だから、ありのままでいるためには
強くならないといけない。
何もしないでいいなんて甘やかすわけではないのです。

他人への愛が溢れている人は、心の強い人です。

そのためには、自分のことを十分に愛して
愛して愛して、余るほど愛した後
他人も愛せるようになるのだと思います。
そのころには、他人の意見や言葉に影響されないようになります。
このことは普遍的だから、つまり他人も同じで
他人もみんな弱いんだとわかれば、他人を許せるようになります。
そうやって、心が強くなっていくのです。

そして、
「ありのままのあなた」になれば
心が平安になり、やすらかな表情を浮かべるようになれば
そばに居る人も癒され、そしてあなたを自然に愛するようになると思います。

そうすることでプラスの循環に変わって、
いろんなことがプラスの連鎖になっていくことを実感できると思います。

2018-05-14 | Posted in ケセラセラな生活, ちいさな葛藤, 日々思うことComments Closed 

関連記事