ながとものブログの誕生

僕は文章を書くことが好きらしい

こうしてブログを書くたびに思う

日記を書きたいわけではない
一日にあったことを記録する習慣はない

ブログはあくまで自分が何かに対して
思っていることの表現

ほとんどが自分が主体だ
エッセイ、随筆というとおおげさだろうと思う

ブログという文化ができて
ちょうどよかったのかもしれない

かれこれ10年以上書いていると思う
古いブログを今も残している

ここ1年ぐらいでブログの試行錯誤があった
ちょっと前まで、
自分の想いだの気持ちだのではなく、
知識を書き連ねるような、
情報系のことを1~2年やった。
商業系ブログといったほうがいいかも
(ちなみにアフェリエイトではない)

それは自分を縛った

自分の中から出てきた言葉ではなく
どこか借り物の言葉ばかり
いろんな本やネットを調べたあとに
情報を焼き直すようにして書いていた

肩書やペンネーム、表に出す顔などを
使い分けたりするほうがいいと
誰かが言ってて、それを鵜呑みにした

有名ブロガーの人のサイトや本で
商業系ブログの書き方をだいぶ勉強した
(当時ブームとなったア○ブロのこと)

サイトの構築、ビジュアルの作り方
読者の集め方など
文章を書くということからはかけ離れたことも
だいぶやった
多分、脳が汚染されていた
洗脳というと、脳が洗われると書くが
僕は汚染されたという気がする

今自分でその汚された脳を
一生懸命洗っているのだけれど

なにかおかしいと気付いてそれまでのブログを更新しなくなった

なにがおかしいのかわからないけど
違和感だけは感じていた
それでブログから一年近く遠ざかった

その間、facebookだけやっていた
それはただの日記とつぶやきみたいなもの

でも時々自分の気持ちをこめた少しだけ長めの
文章を書いていた

それはなんとなくやっていたのだけど
あるとき気が付いた
「ありのままの自分を表現したい」 と

見かけを良くすることに頼ったり
真の数字ではない数字を構築して信用をつくったり
思ってもいない言葉づかいのテクニックなどを
身に着けたりしてどうするのだ

それはダメだとわかった
必要ないというだけでなく
本質の「表現する」ということを阻害していることに
気が付いた

そうしてこのブログにたどり着いた

僕の発信する情報だけしかない

広告もない
他人のコメントもない
他人の意見や感想に煩わされることもない
読者がいるとかいないとかをひけらかすこともない
アクセス数も気にしない
アクセス数をひけらかしたりもしない

僕の発信する情報だけ

きっと誰かが読んでいる
それでいい

今は書くことを楽しんでいる

2014-10-17 | Posted in ながとものことComments Closed 

関連記事