夕日に想う

DSC_1328

平戸は日本の西の端
島の西側にいれば美しい夕日が見られる
日本の夕日百選というのがあるそうだが
根獅子の夕日がそのなかに選ばれている

僕は朝早いのは苦手
生活の中で朝日を見ることはほとんどない
最近では10年ほど前にキャンプ場で見たことぐらいしか記憶にない

朝日と夕日

朝日は一日の始まり
夕日は一日の終わり
というイメージがあるのだけれど

やっぱり夕日が好きだ

夕日は癒しの力がある。
夕日は哀愁がある
夕日はじっと眺めながらいろいろと思いを馳せる
夕日は自分のことを考える時間を与えてくれる

ゆっくりと人生を振り返り、
これからの人生をどうするか考える
そして明日からの元気を充てんする

朝日はそうではなく
どちらかというと活力を与えてくれる感じかな
ゆっくりと朝日をながめることはあまりない気がする

なんとなくきれいな写真だったので選んだのだけど
ブログのトップに夕日の写真を並べたのは
そう考えると偶然ではなかったのかもしれない

僕も今年51になった
人生を半分以上経験したのだけど
これからの人生がもっともっと濃いような気がしている

自覚と覚醒、そして成長
僕の本当の人生の目的を見つける旅は
まだ始まったばかりだと思っている

2014-09-16 | Posted in 日々思うことComments Closed 

関連記事